最適な転職先の求人募集情報を入手する必要があります

良い転職先を効率的に見つけるためにしておくこと

仕事に就いてキャリアを重ねていると、
仕事関係の知り合いや、
その間に知り合った趣味関係の友人や、
住んでいる地域の関係の知り合い等、
様々な方とのネットワークが作られていきますが、
転職の際にはこのネットワークを活用していきます。

現在転職を考えているのなら
これまでの関係の再確認、
今は転職を考えていないが将来的に可能性がありうる、

と考えるなら、
この先の活用を考えてネットワークを作っていくことが、
転職時の効率的な活動につながっていきます。

この方法は、
特に専門職系の転職や、
独立系の場合の案件探しに有効ですが、
どの職業にも適用できます。

従事した方ならイメージがつくと思いますが、
専門分野の場合、
会社だけでなく個人的な知り合いというレベルでも、
機知の会社・個人と二回以上関わる可能性が非常に高く、
いわゆる「狭い業界」であるといえます。

この中で、
一期一会を大切に活動していくと、
転職の際に選択肢として非常に幅を持つことができます。

専門職業界全体をひとつの世界ととらえると、
転職の実態は異動に近いものである、といえます。

よく転職者が
「自分のことを全く知らない相手(=転職先)でうまく自分を活かせなかった」
ということになったり、

または採用した企業が、
「誰の知人でもないが、職歴はすばらしかったので採用してみたら、今ひとつだった」
という話がありますが、

これらは事前の情報収集の中で回避できるのではないでしょうか。

ネットワークを意識して活動していれば、
転職先候補の実態把握や、
また既知の友人の所属企業を転職先候補として考える等、
いろいろな転職に関する活動のバリエーションを拡げることができます。

「ネットワークの活用」が、転職活動のキモなのです。

自分で構築できる転職可能なネットワークは希少価値?

限りなく個性的な専門分野のネットワークは
職人芸の世界には稀に存在しています

一般の会社員の人間関係では
期待が薄いネットワークと言えます

転職志望会社員の50%を超える成功実績を持つ
大手転職エージェントは
全世界にネットワークを持っています

あなたの転職したい希望を実現できる
転職ネットワークを提供するのが
転職エージェントの組織なのです

100000件を超える転職求人情報を
フルに活用すれば
最適な転職先を発見することができます

個人のコネをフル活用しても
100000件の転職情報を集めることは不可能です

現代の転職情報は
システム化されており
エージェントの活用次第で
濃厚なシークレット情報まで入手できるのです

情報収集と細かい打合せは
キャリアアドバイザーに任せて
転職先の優秀な企業の選択眼を
シッカリ活用しましょう

求人募集している常連会社は要注意?

転職を考えてる方へ!
求人募集している常連会社は要注意です。

いろんな方法で職を探そう!
転職を考えてる方多いと思います。
今は、
昔と違って一つの会社に勤めれば安心という時代ではありません。
少し前に比べれば、
雇用情勢も少しは良くなってきたかもしれませんが、
まだまだ厳しいです。

しかし職がないと皆さん言ってますが、
ふたを開ければ、
雇う側も働き手がいなくて困っている職場が多いのです。

それに今は、
職種も多く、求人誌も無料でたくさん出ています。

あまり選ばなければ、
そんなに職に困る事は無いと思います。

でも、働くなら、環境のいい職場で長く働きたいですよね?

いろんな求人誌を見て選んでいても、
あまりにも情報が少なかったりします。

いざ面接を受けに行くと、
求人にのっていた内容と全然違うという事もあります。

面接を受ける日まで緊張して、
頑張っていったのが水の泡ですよね。

ちゃんとしたある程度の情報を得て、
面接に臨みたいのなら、
やはりハローワークがいいと思います。

ハローワークではきちんとした案内の人が、
個別に話を聞いてくれるので、
こちらが不安に思ってることや
質問にも答えてくれ、
面接のときのマナーや対応の仕方もきちんと教えてくれます。

転職が初めてという方や、
きちんと下準備をしていきたいという方は、
ハローワークもおすすめです。

ハローワークの求人情報は、
ネットでも見れますし、
いつでも新着情報が入るのでとても便利です。

の経験からいうと、
年中求人募集している常連会社は要注意です。
それだけ人の入れ替わりが激しいという事なので、
あまりお勧めできない職場です。

一度そういう職場で働いて、
苦い経験をした方ならわかると思います

いまだにその会社は常時募集していますが
、みるたびに「また募集してる・・・」って思います。

反対に、
初めて目にするような会社は、
環境がいい会社の可能性が高いので、
すぐに問い合わせてみるといいと思います。
いろんな求人情報を、
まめにチェックしておくのが大事だと思います。

求人誌やハローワークの公開求人情報だけでは
自分のスキルやキャリアを生かせないと感じたときは

転職エージェントに登録して

大手上場企業の非公開求人情報や
雑誌や新聞に載せたくない大手企業の
適切な企業情報を入手してください

とにかく転職に一番必要なことは
情報入手チャンネルを増やし見逃さないことです

そのためには
有力な大手エージェントに複数登録しましょう