職務経歴書は仕事の経歴書です

自身の職歴のことです

アルバイト採用のための履歴書は簡単に記載すればOKでした

転職の場合は、相手に分かり易く

自分の仕事の経歴を如何に魅力的にまとめて記載する必要があります

同じ職務経歴書 でも職種によって記載内容も変わってきます

職務経歴書 を見るのは応募企業の採用担当者です

多くの職務経歴書を見ているため

職務経歴書で押さえるべきポイントや要領はしっかり押さえる必要があります

職務経歴書記載の注意点

  • 職務経歴書と履歴書で書類選考される
  • 面接時の質問はココで決まる
  • 募集企業が求めている内容との関連性
  • 入社後に役立つスキルの具体的経験や体験に関する事項の記載
  • 読みたくなる文章構成に留意
  • 単なる履歴羅列では目を引かない
  • 担当者の目線で熟読精査し修正する

 

採用担当者が見る職務経歴書ポイント

  • 実務能力
  • 仕事への熱意・意欲
  • 転職目的
  • 内容の信頼度・信憑性
  • プレゼンテーション力
  • 自己の強みの自覚

など

履歴書 で判断される個所

  • 通勤手段と通勤可能性
  • 学歴と企業との関連性
  • 転職回数の問題点
  • 希望収入の妥当性
  • 募集企業への熱意思い入れ
  • 文字の書き方の丁寧さ

など

職務経歴書や履歴書は

第一次書類選考の重要書類です

現在、転職者の書類選考通過率は約25%とかなりの難関になっています

希望する優良企業への採用試験の第一関門です

 

よほどの自信がない限り

転職のプロ 転職エージェントのキャリアアドバイザーとの打ち合わせで

応募企業への提出書類を作成するほうが

圧倒的に書類通過率が高くなります

 

転職者を30万人以上も企業に送り込んだ実績のある

リクルートエージェントなどの職務履歴書ひな型と添削を活用して

転職成功のレールを引くべきしょう


リクルートエージェント


DODA(デューダ)


パソナキャリア