仕事を探す時、いつもいろいろな情報源を探しています。

このような変化の多い時代においては

、一つの情報源を探すのではなく、

いろいろな情報を、探すべきだと思います。

基本、インターネットがある時代においては、

インターネットで探すというのが一番手っ取り早い時代であり、

それが、また主流となりつつあります。

ネットで探す情報というのは、

検索するのは簡単ですが、その分、アクセス数も多いので、競争は激しくなります。

一番いいのは人づてで探す方法ですが、

自分が魅力があり、人間力がないとコネで仕事を探すのはなかなか難しいようです。

身近な転職エージェントや紙媒体求人誌などでも仕事は探せるし、手頃です。

仕事というのは、できないことを追い求めるのではなく、

自分がやれること、必要な仕事を探すべきではないかと思います。

今は、インターネットがあるので、

年齢による実力の差、情報や知識の差はそれほどないと思うので、

それ以外の転職エージェントのような新鮮なところで、仕事を探すべきではないかと思います。

それには人と同じことをするのではなく、

それに加えて、違う能力や経験を一つ身に着けるべきではないかと思います。

それが何かというと難しい課題でありますが、

長期的に続けられるような仕事というものを探していくべきではないかと思います。
それには、時代の流れや雰囲気、などを、ある程度、予測してから、行動を心掛けるべきです。

それは、お金が無くても、工夫次第で、可能となってくきます。

もはや10年前、20年前のような経済成長期の価値観や感覚では、

世の中は、動かなくなって来ています。

不況期にも必要とされる付加価値の高いものサービスを提供するような仕事というものを

今後、探していくべきではないでしょうか・・・。