転職面接は転職者のキャリアや人物、既存社員との和を保てる優れた人材を求めています
転職者は実力スキルから人間的魅力まで備えなければなりません
その判定が面接で実施されるのです

自分の得意なスキルを如何にアピールするか?
自己PRで採用担当者を感動させるエピソードとは?
全て第一印象が3秒の法則で決定されている?あなたは?
見た目清潔な身なり服装に落ち度はないか?
質問に隠れた本来の意図は何か?
意地悪い回答が困難な質問の対処法は?

面接の秘訣とかコツを多数列挙したHow to本を深く理解し、
あらゆる角度からの変化投球に答える必要があります

単に読み流すのではなく
深く理解して応用力を身に付けることが大切です

体系的な思考回路が構築されると
あらゆる角度の質問に
面白いほど知恵がわいてきます

面談で必応な頭のキレを感じてもらうことが目的なのです

採用担当者は、就職企業で
この先途切れることなく発揮できる
モチベーションやイノベーション力を探しています

面接は第一印象から

面接担当者は直観力に優れています!
わずか数秒で決まる第一印象に自信が持てますか?
持っている雰囲気は?

  • 身だしなみは?
  • 笑顔は?
  • 明るい雰囲気?
  • 暗い雰囲気?

面接で担当者が判定する観察ポイント

即戦力性
ソリュウション能力
イノベーション・発想力
マネジメント能力
モチベーション・気力・体力
スキルの実証(専門性・管理能力)
具体的な成果の事例や実証
責任感
積極性
頭のキレ
信頼感・誠実さ
忍耐力(中途採用者は既存社員に疎まれ足を引っ張られることも少なくない)
運の良さ(生まれ持って運の悪い人間と良い人間がいると人事担当者は思っている)
貧相な顔つき

面接で質問される内容

応募した理由は?

面接担当者が聞きたいこと

  • 企業の魅力
  • 入社後に何をしたいのか

対策は?
企業調査の情報量と理解度で回答に差が出る
該当企業の特徴や強み・個性などしっかり調べましょう
市長が見込める優位性を見つけたらほめることが重要

自己PR

今までの軌跡を事前に棚卸をしておく必要があります
事前に自分の強みや取得した資格と募集企業の関連性を把握しておく

  • 必応以上の謙遜は不可
  • 自分を卑下するのも良くない

対策は?
自己PRは必須の質問項目です
専門分野のスキル
マネジメント能力などの具体的実績をまとめておく

どんな職務が得意?

面接担当者が聞きたいことは、
営業・財務・経理・生産管理・営業・人事など
プロフェショナルと言える分野の職務を知りたい

  • 特異な専門能力スキルは?
  • 自分の強みはどこで、人に負けない自信は?
  • 応募者のウリは何?

対策は?
専門分野スキルのレベルを自覚し
応募企業の方向性で貢献ができる具体的な職務を答える
具体的な仕事のエピソードを交えながら実証する
たとえば営業職の経験と実績
プレーヤーと管理職とこなせるだけでなく
チームワークを大切にし
まとめ上げることで業績を向上させた管理能力の具体事例など

健康面は?

面接担当者は健康状態は必ず尋ねる

  • 中途採用の中高年の健康面は要チェックポイント
  • 顔色が悪い人は要注意

対策は?
細身ですが以外に強いとよく言われます
毎年受診している健康診断は良好です
生活習慣も改善してますます健康になってきました
進んでいう必要がないこと

  • 冬になると風邪をひきやすいとか
  • 体調を崩すと短気になりがち

報告すべきは
通院が必要な疾病など

人生観は?

面接担当者が聞きたいこと

  • 応募者の人柄・性格
  • 仕事の取り組み姿勢のバックグランドは?

対策は?
ぶれない考えを持つこと